• ブログ
 

地産の檜材で

投稿日時:2018.08.08 (水)  20:22:01カテゴリ:未分類

 

平成30年8月6日(月)井手小学校、8日(水)多賀小学校で恒例の木工教室を開催し、「プリントさし」を作りました。


まず、「プリントさし」を作るにあたって、道具の使い方や注意事項についての説明がありました。

木材は、今年も井手町の間伐材である檜の木を使用しました。


井手小学校では、3年から6年生までの児童43名と保護者8名が参加されました。



例年、体育館で開催しておりましたが、今年は熱中症予防対策の一環として、冷房設備が設置されている教室2部屋に分かれての実施となりました。



スタッフも10名が参加しました。



のこぎりの使い方を教えてもらい、上手に切れました。





保護者の方もお手伝い。



多賀小学校では、児童23名と保護者6名が参加され、スタッフは10名が参加しました。



校長先生の挨拶。




作業にあったての作り方の説明と、難しいところの注意事項。





多賀小学校でも冷房設備のある教室2部屋で実施。





今年も作業の間で、給水時間を設けました。





およそ1時間30分で立派な「プリントさし」が出来ました。




持ち帰って、最後は色を塗ったりして、自分だけのオリジナルの「プリントさし」にしてみてください。


頑張って作った「プリントさし」、いつまでも大切にしてください。
















■コメント

コメント記事はありません。


■コメントを書く